プロキシサーバの設定方法

電子ジャーナルを閲覧したい時には、プロキシサーバの設定が必要ですが、VPN接続をしない時にはプロキシサーバの設定を解除してください。

Windows10 で Edge や Internet Explorer を利用する場合

  1. 以下の設定はVPN接続した後で行ってください。
    スタートメニューをクリックし、「設定」を開きます。
    「設定」を開く
  2. 「ネットワークとインターネット」を開きます。
    「ネットワークとインターネット」を開く
  3. 「プロキシ」をクリックし、「手動プロキシセットアップ」の項目で「プロキシサーバーを使う」をオンにします。
    「プロキシ」をオンにする
  4. 「アドレス」と「ポート」の欄に下記のとおり入力します。
    「プロキシサーバ」を設定

    アドレス (五十嵐地区)ikarashi-proxy.cc.niigata-u.ac.jp
    アドレス (旭町地区)asahi-proxy.cc.niigata-u.ac.jp
    ポート8080
  5. Edge(または Internet Explorer)を起動して適当なページを開きます。
    ユーザ名とパスワードを入力するウィンドウが出てきたら、VPN接続時と同じものを入力してください。
    アカウントを入力する
  6. 電子ジャーナル閲覧後は、必ずプロキシの設定をオフにしてください。
    「プロキシ」をオフにする

Windows 7/8.1 で Internet Explorer やGoogle Chromeを 利用する場合

  1. コントロールパネルから「インターネットオプション」を開き、「接続」タブを開きます。
    (「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「インターネットオプション」)
  2. 「LANの設定」 または 、「ダイヤルアップと仮想プライベートネットワークの設定」で利用する環境を選択した状態で「設定」をクリックします。
    インターネットオプション
  3. 「プロキシ サーバー」にチェックを入れてから、下記のとおり入力し、OKをクリックして設定します。
    アドレス (五十嵐地区)ikarashi-proxy.cc.niigata-u.ac.jp
    アドレス (旭町地区)asahi-proxy.cc.niigata-u.ac.jp
    ポート8080
    LANの設定 ダイアルアップの設定
  4. Internet Explorer (またはGoogle Chrome)を開きます。ユーザ名とパスワードを入力するウィンドウが出てきたら、VPN接続時と同じものを入力してください。
    NIIGATA-Uアカウントを入力する

Google Chromeでは、拡張機能で「Proxy SwitchySharp」のようなプロキシサーバ切替機能を追加することで、上記とは別にプロキシサーバの設定・切替ができるようになります。

Mac OS X でsafariやGoogle Chromeを利用する場合 ~ 「システム環境設定」から設定する

「システム環境設定」でプロキシ設定を行う場合(SafariやGoogle Chromeなど)は、設定の順序によりプロキシ設定が反映されない場合がありますので、ご注意ください。設定は、下記の順序で行ってください。

プロキシ設定 → VPN接続(IPSec/SSL) → SafariやGoogle Chromeを起動

  1. 「システム環境設定」から「ネットワーク」を開きます。
    システム環境設定
  2. 左側のリストから、利用している接続を選択し、右下の「詳細...」をクリックします。
    (左下の鍵のマークは開けておきます)
    ネットワーク1
  3. プロキシの構成を「手入力」に変更し、「Webプロキシ(HTTP)」と「保護されたWebプロキシ(HTTPS)にそれぞれチェックを入れて、下のように入力します。
    アドレス (五十嵐地区)ikarashi-proxy.cc.niigata-u.ac.jp
    アドレス (旭町地区)asahi-proxy.cc.niigata-u.ac.jp
    ポート8080
    ネットワーク2
    (ここで、「パスワードが必要なプロキシサーバを使用」にチェックし、VPN接続時のユーザ名・パスワードを入力しておくと、後述のログイン画面が出てきません。)
  4. safariやGoogle Chromeを起動し、閲覧したいページを開きます。
    ユーザ名とパスワードを入力するウィンドウが出てきたら、VPN接続時と同じものを入力してください。
    NIIGATA-Uアカウントを入力する

Google Chromeでは、拡張機能で「Proxy SwitchySharp」のようなプロキシサーバ切替機能を追加することで、上記とは別にプロキシサーバの設定・切替ができるようになります。

Firefoxを利用する場合

  1. Firefoxを開きます。
    Windows版はメニューから「オプション」、Mac版は「Firefox」から「環境設定」、Linux版はメニューまたは「編集」から「設定」を開き、「詳細」をクリックします。
  2. 「詳細」の「ネットワーク」タブを開き、「接続設定」をクリックします。
    オプションの設定
  3. 「手動でプロキシを設定する」を選び、「すべてのプロトコルでこのプロキシを使用する」にチェックを入れて、下記のように入力してOKをクリックします。
    HTTPプロキシ (五十嵐地区)ikarashi-proxy.cc.niigata-u.ac.jp
    HTTPプロキシ (旭町地区)asahi-proxy.cc.niigata-u.ac.jp
    ポート8080
    接続設定
  4. 閲覧したいページを開きます。ユーザ名とパスワードを入力するウィンドウが出てきたら、VPN接続時と同じものを入力してください。
    NIIGATA-Uアカウントを入力する

Firefoxのアドオンで、FoxyProxyやQuickProxyなどのようなプロキシサーバ切替機能を追加することで、上記とは別にプロキシサーバの設定・切替をすることもできます。

ページのトップへ